校舎長のつぶやき | 東進ハイスクール大井町校|東京都

ブログ

2016年 6月 30日 校舎長のつぶやき

こんにちは、大井町校 校舎長の石黒です。

とりとめもなくつぶやいてみましたが、意外と長くなったので気晴らしに読んでくれたら嬉しいです。

先日あった模擬試験は皆さんいかがだったでしょうか。成績は今週末にも返ってくることだと思いますが、なんとなく気を落としている生徒が多いように思います。

落ち込んでいる顔を見ると『まぁ、なんとかなるなる!元気出せよ!』って言ってあげたい気持ちはありますが、そんなことは子供だましなので皆さんには言いません。(お家では励ましてもらってくださいね。)

厳しいかもしれませんが、結果はなるべくしてそうあります。

必ず自分に原因があります。

経験不足なのか、練習不足なのか、意識不足なのか、知識不足なのか、寝不足なのか・・・ひとりひとり何かしらの要素があるはずです。ちゃんと向き合ってください。

明日で7月になります。受験生は半年後に新年を迎えることとなります。半年後の今日は大晦日千題テストで、明日の朝は新年決起会です。

もう、センターを前に緊張が高まっていて、もういっそ早くセンターが来て欲しいなんて思っていたりする時期です。ある人は併願校やセンター利用をどうしようかギリギリまで悩んでいたりしてあたふたしてるかもしれません。『三が日くらいはお家でお雑煮でも食べてなさいよ』なんてお母さんから言われつつも、なんだか落ち着かないから東進に行くなんてこともあるかもしれませんね。

気がつくと、そんな年の瀬になっているんじゃないかなって思いを馳せます。来年のことを言うと鬼が笑うなんていいますが、来年のことを見据えてないと私たちはいけない時期です。これからの夏休みの過ごし方が来年の結果を大きく変えます。夏休みで努力した分が夏の後の成績の伸びに大きく関ります。朝から晩まで勉強して、友達がそんなやってんの?って鼻で笑ってくるくらいやりましょう。誰が笑ったっていいんです。むしろ笑わせてやんなさいな。

この前の模試の話に戻りますが、本番の時も一緒です。

上手くいかない時はあります。人間なので。好調不調があります。でも、そんなときに上手くいかなくてあーあー言ってるだけでは物事は好転しません。好転するにはどうするか。自分で自分を転がすしかありません。次に力を発揮する時に、第一志望の受験をするときに、今より1点でも変えるために何ができるかを考え行動することです。

勉強に限らず、何をやっても上手くいかないことばかりな時はあります。そんな時はできることでいいんです。積み上げていけるものを積み上げましょう。努力は裏切りません。必ず道は拓けます。耐えてる時の気持ちは大変だけどね。辛い時が伸びる時だよ。

残り半分です。最後まで自分を信じてみんな頑張れ。