夏期合宿について | 東進ハイスクール大井町校|東京都

ブログ

2016年 5月 8日 夏期合宿について

こんにちは!!担任助手の野田です!!
 今日は夏期合宿について書きたいと思います。
 
~夏期合宿~
日程:[第一期]7/21(火)~7/25(土)
    [第二期]7/26(日)~7/30(木)
場所:富士山麓 河口湖畔
対象:高校3年生
申込〆切:定員になり次第〆切
(現在、すごい勢いで枠が埋まっていっています。)
 
端的にいうと、集中的に英語の学習をする合宿です。
志望校に合格するためには、圧倒的な努力量が必要となります。
特に『夏休み』は受験勉強全体でもかなりの時間を占めると共に、非常に重要な期間となります。
 
今までの土曜日・日曜日・祝日と同じような感覚で勉強しても、『受験生の夏休み』にはなりません。
他者と同じように勉強しても、伸び幅は同じです。
これからは量だけでなく、質にもこだわらなくてはなりません。
  
実は私も生徒時代、この合宿に参加しました。
この時期、部活ばかりをやっていた自分は、第一志望を目指す全国の生徒の中でも、ほとんど最下位のような点数を取っていました。
もちろん勉強はしていましたが、点数も伸びず、焦ってばかりでした。
今考えると、手当たり次第勉強する日々で成績が伸びるわけがなかったと思います。
しかし当人となるとやはり周りが見えなくなるものです。
そんなとき、担任であった先生から夏期合宿を薦められました。
そのときのあるワードがとても記憶に残っています。
 
『今の自分で、本当に夏休みを迎えられるか?』
 
無理でした。
英語だけみても志望校に合格した先輩の同時期の点数の3分の1程度しか取れていない絶望的な状況でした。
しかし、第一志望に受かりたい気持ちは誰にも負けてなかったのだと思います。
実力で負けていたからこそ、努力量では負けないために、この合宿に行こうと決意しました。
 
その日から自分の勉強が変わったのを今でも覚えています。
合宿に行くんだったら、絶対最大限利用してやろう。
そのためにまず『今』から勉強を始めよう。
だったら何からやるべきか。
それはいつまでに終わらせるべきなのか
そんな風に、「なんとなくの勉強」が「意志のある勉強」に変わっていきました。
 
今の皆さんは、似たように「なんとなく勉強」していませんか?
今やっているその勉強が、どこにつながるか考えていますか?
 
もしまだ「なんとなく勉強」しているのなら、
「意志のある勉強」にかえましょう。
 
夏期合宿に行ってよかったと本当に思います。
行かなかったら、青山はおろか、ほかの大学にも受かっていなかったと思います。
自分に聞いてみてください。
 
『今の自分で、本当に夏休みを迎えられるか?』
 
もし今の状態ではいけないと思ったら、行動しましょう。
『今』、動き出すのが『最速』です。
 

 

最新記事一覧

過去の記事