おっさん独り言 | 東進ハイスクール大井町校|東京都

ブログ

2014年 6月 19日 おっさん独り言

こんにちは東進ハイスクール大井町校の石黒です。

 最近はスタッフが大学選び関係でブログを書いていることが多いので、若いモンに負けじと自分の大学生のときの話をします。

 最近はめっきり生徒とも話すことがなくなりましたが、大学の時はそれはもう…

掘ってました

大学は早稲田大学の教育学部理学科といたって普通そうな名前ですが、やってることは化石の勉強でした。

もちろん教育学部は教育学部ですが、わたしがいたところは理学部地球科学専修というところで、大学の2年生までは基礎的な勉強でしたが、3年以降は化石や鉱物、地層に向き合う日々でした。(4年と大学院2年目は論文と英語ともにらめっこでした。)

夏は調査で山やら川やら島やらに、果ては中国やアメリカなんかも行かせてもらいました。

こんな崖とかをハンマーで足場をつくって登ったり、化石を掘ったりとまさにサバイバルでした!

夏場の川や草むらには毒をもった蛇が、秋に近づくと山には熊がでます。

熊鈴を鳴らしたり、爆竹を投げたり、唄を歌いながら藪をつついて歩いたり・・・思えば変な青春ですね(笑)

 

ホントのことを言うと今、仕事についてからは大学で学んだことを正直あまり活かせてはいないと思います。だけど、そうゆう経験が今の自分をつくるには不可欠な要素だったなと思っています。

 汗を流しながら長袖長ズボンで川に入り、川上に向かって進み、川底の苔に足を滑らせたり、炎天下の中で80Kgの化石を背負って山道を往復したりしたあの日があって今なんだなってつくづく思います。

 

みなさんはこれから夏休みですよね。受験生は受験勉強一色です。でも、それすらもいつかの自分をつくる糧となります。

 

どんな大学にいきたいとか、どんなことやりたいとか、もちろん大事です。

でも一番大事なのはどんな自分で在りたいのか、なんじゃないかなって思います。

 

みなさんはこの夏、どこかの大学を見に行きますか?将来の自分が思い描けるといいですね。

最新記事一覧

過去の記事