成功の鍵は、的を見失わないことだ。 | 東進ハイスクール大井町校|東京都

ブログ

2017年 6月 30日 成功の鍵は、的を見失わないことだ。

みなさん、こんにちは!担任助手の吉井脩登です。本日大井町校では高校0.1.2生対象のホームルームを行いました。

今回のホームルームでは夏に向けての学習予定や模試の復習・分析について話しました。ここでは模試の分析について少し話したいと思います。

 

みなさんは模試を受け終わった後、復習はもちろん、次の模試に活かせる戦術(strategy)は立てられていますか。ここでいうstrategyとは一つ一つの問題(センター模試であれば6つある各大問)にどのように対処するかということです。たとえば、時間配分。センター模試で長文まですべて時間内に解き終えるためにはそれぞれの大問を何分で解く必要があるのかということです。今回の模試で時間が足りずに終わってしまった人は時間配分についてもう一度戦術を立て直しましょう。戦術を立てれば、他にもたくさんの課題が見えてくるはずです。みなさん、模試の戦術家になりましょう!

次のセンター模試は8月27日です。残り約2ヶ月、最高の準備をしてテストに臨みましょう。

 

これから書くことは私が最近見た記事に書いてあったことです。すこし紹介します。人はよく努力しなさいと言います。しかし、努力にはいろいろな努力があると思います。なんとなくする努力、人に言われたからする努力、そして何かに向かってする努力。もちろん何かに向かってする努力が一番良いです。何かに向かう、つまりその先には目標があるわけです。目標がある人は強い、僕はそう思います。確固たる目標があればブレることない。ビル・ゲイツの言葉にこんなものがあります。「成功の鍵は、的を見失わないことだ」。みなさんには的、つまり目標はありますか。10年後の目標でも、1ヵ月後の目標でも、明日の目標でもいい。目標という的に向かった努力をみなさんにはしてもらいたいと思います。  

 

話が少し脱線してしまいましたが、低学年であっても受験勉強をしている限りは受験生です!今日のホームルームで参考になったことをどんどん自分の勉強に取り入れていきましょう!

 

 

大井町 予備校 東進 夏休み 合格 招待講習 無料 体験 塾 合格 東大 早慶 東工大 国立 私立

夏期集団説明会 体験 

最新記事一覧

過去の記事