【東進大井町校3年生へ】センター試験を終えて | 東進ハイスクール大井町校|東京都

ブログ

2017年 1月 16日 【東進大井町校3年生へ】センター試験を終えて

大井町校の石黒です。

受験生の皆さん、センター試験の2日間お疲れ様でした。校舎に来てくれている何人からは聞けていますが、手応えはいかがだったでしょうか。最初の試験ということもあり、結果の出来不出来に関わらず皆さん緊張して受けていたのではないでしょうか。せっかくのタイミングなので、一言書こうと思います。文字ばかりで読みづらいと思いますが、休憩がてらに読んでください。

 

まず、センターで上手くいった人は油断せず頑張ってください。特にいう事はありません。

受験に絶対はありません。特にセンター試験は一番はじめで一番緊張するので、終わったときの開放感が強く、しばらく集中できずセンター前はそんなことなかったのに居眠りをしてしまったり、最悪勉強から離れてしまったりする人もいました。センター試験から受験は始まりです。バスケットボールの試合で行けば最初のジャンプボールが終わったばかりです。油断していれば、すぐにスティールされてしまします。『勝って兜の緒を締めよ』と昔から言うとおり、上手くいくほど気を強く持って本試験に臨みましょう。

 

…さて、今回の結果が良くなかった人についてです。

きっとみなさんの周りの人たちは『大丈夫、巻き返せるよ!』とか『ここからだね!』と言ってくれていると思います。

なので、私からは違うことを言います。言いたいことは、

結果をちゃんと受け止めましょう。と、いうことです。

センターでできなかったことは自分が出来なかったところなんです。当たり前のことですが。

結果と向き合い、その解決を図ることこそ今やらなくてはいけないことだと思います。

自分にどれだけ厳しくなれるかが”これから”を決めます。 

 

昔、自分の上司にこう言われたことがあります。

「人生長く生きてたら負けることのほうが多い、だからこそいち早く立ち上がる力が大事なんだ。立ち上がって次の手を考えることだ」

今の皆さんにとって【次の手】はなんですか。きっとそれを考えるためには、今の自分を見なくてはならないのではないでしょうか。気持ちの整理がつかないくらいショックを受けたのなら感傷に浸ってください。それで心が落ち着いて次の手を考えられる状態になるのであれば、それでいいんです。落ち着いたらどうするか、そこからがスタートです。

 

センター分析のために、答案再現をPOSから登録するように呼びかけています。センター利用の結果を見ることができるのもありますが、そうやって自分の解答をひとつひとつ見てもらうこともできます。東進生は必ず登録してくださいね。

 

最後まで諦めなかった人が合格をつかみます。

辛くても逃げ出さず、歯を食いしばり前を向き、たとえ1㎜でも進み続けてください。自分自身を信じ続けてください。私たちは皆さんを応援しています。

最新記事一覧

過去の記事